ゲーム

歯磨き嫌いに便利なポケモンスマイル!反応しない、上手くいかない時の解決法

お子さんの歯磨き嫌いで悩む方の救世主と言える歯磨き知育アプリ「ポケモンスマイル」

可愛くてポケモン好きには好評な一方でこんなレビューも多々あり。

子どもには難しすぎる難易度で、すぐ飽きてしまった。

なかなか捕まえられずに子どもが発狂して散々だった

 

私もすごくいいものを見つけたと息子に渡したものの、上手くできずにイライラし始め、その後の機嫌取りが大変でした。

しかし、機嫌取りよりも歯磨き嫌いで悩んでいたので、根気強く向き合い、調べて他のブロガーさんのお力を借りたり、私だけでやってみたりして、少しずつ上手く使えるようになったのでこちらに記録したいと思います。

 

攻略するまで向き合わせることも教育の一環になったのではないか?と思っています。

そこも含めて楽しませてくれるアプリ!と言い聞かせています。

 

まる
まる
こんにちは。まるです。適応障害、重度のPMSの経験から、心も体もラクで楽しい暮らしを追求し、当サイトを運営している2児の母です。 友人にリサーチ力が半端ないと言われたことをきっかけにSNSで見かけたお悩みを解消できる記事を書いています。

 

この記事ではポケモンスマイルを小さなおこさんが楽しむためのコツを紹介するので、上手くできずに諦めそうな方はぜひ最後までお読みくださいね♪

(ポケモンの集め方等の攻略方法の記載はありませんのでご注意ください)

 

ポケモンスマイルとは?

  •  

歯磨きを習慣化させる、ポケモンのアプリです。

 

ポケモンスマイルに多いお悩み

難しすぎる

AppStoreを見てみても、Twitterをみてみても、この言葉を多く目にします。

アプリでは磨いて欲しい場所を支持してくれて、いいね!という声かけもくれます。

しかし、子どもはそんな指示に従うはずもありません。とにかく映像に夢中なんです。

親が「違う、もっとこうして」といったらもう、楽しい時間ではなくなってしまい、もうやらないとなる。そんな家庭が続出しているようです。

 

 

 

子どもが飽きる

難しすぎるの延長ですが、子どもが飽きてしまって意味がないと嘆く方も多いようです。

飽きたことで歯磨きへのネガティブなイメージがついたという感想は少ないようですね。

 

 

ポケモンスマイルを上手くやるコツ

手と歯ブラシが映るように全体を写す。

ポケモンで歯みがきを楽しく習慣化。『ポケモンスマイル』がiOS/Androidで本日から配信開始 | CoRRiENTE.top

「歯ブラシを写すというのがコツ」という記事が多いのですが、それでも上手くいかなかった。

そこでもう少し引きで写して手全体が写るようにしてみました。

これが上手くいってよく反応してくれるようになりました!

歯ブラシを写しているのに反応しないという方は、手も意識してみるといいかもしれません。

※スマホ画面だと子どもが近づきたくなってしまうのでipadのアプリを使用しています。スマホの方は離れてみるという作戦に苦労するかもしれません。

手を大きくゆっくり動かす

楽しく虫歯予防ができる!可愛くておいしい子供用歯磨き粉5選

大きくゆっくり動かすことでよく反応するように感じます。

子どもは興奮のあまり急いでやりたくなってしまうようですが、一度このことがわかると「大きく、大きく」といいながら一生懸命動かしていました。

話が通じるようになる2歳半前のでは苦労していただろうなと思います。

明るい場所でやる

リビングの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

我が家の洗面台は少しくらいので、なかなか反応しませんでした。

リビングに座らせて使ったところよく反応していました。

 

スマホ、タブレットは持って使う

スマホのアプリでチェックの写真(画像)を無料ダウンロード - フリー素材のぱくたそ

 

子どもは自分の顔を写すように上手く修正できないので、なれるまでは親が手に持って子どもの動きに合わせてあげるのがいいと思います。

 

子どもが楽しいを最優先

上手くやるを意識せずに楽しませるように声かけすると、ストレスなくできるように感じました。

「もっとここ!」ではなく「次はこっちみたい!あ、違ったこっちだ!」と声かけもゲーム感覚を意識してみています。

小さなお子さんがゲーム内で上手くみがくのは正直言って不可能です。

仕上げ磨きをしてあげる時間をとるようにして、ゲームの時は歯磨きが楽しいという感情にさせることを最優先にしたら、親子で楽しく使用できました。

落ち着いた年齢になればアナウンス通りにみがくことで1周綺麗に磨けるでしょう。

 

まとめ:お子さんの個性によってコツは変わる

 

いろいろ試行錯誤してやってきましたが、調べては試し調べては試しの連続でした。

みんながうまくいっている方法で自分の子どもがうまくいくとは限りません。

ご家庭の教育方針や、お子さんの性格に合わせて伸び伸びとやれる工夫が見つけることが一番の攻略法だと思います。

 

正しい情報というより、楽しい情報を。うまくやらなきゃ、という気持ちが少しでも楽になるような記事を心がけて書いて行きます。

 

まる
まる
この記事が少しでもお役に立てば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございます。