ライフスタイルアプリ

家計簿が続かない人におすすめのアプリを紹介!収支把握が節約の近道です。

家計管理が苦手です。毎月の収支の把握ができてなくて、貯金ができません。

ズボラでもできる家計簿ないかなー。

 

こんなお悩みにおすすめのアプリをご紹介します。

 

 

あゆみ
あゆみ

こんにちは。適応障害、重度のPMSの経験から楽に楽しく生活がしたいと思う、

ズボラ主婦代表のあゆみです。

 

 

 

今回はどんぶり勘定な私でも家計の収支が把握できている

使用歴4年のマネーフォワードMEをご紹介します。

 

この記事でわかるマネーフォワードMEのこと

    ・ストレスフリーな家計簿の付け方
    ・使うメリット・デメリット
    ・有料版でできること

 

 

マネーフォワードとは?

マネーフォワード を一言で言うと、

すぼらでも続けられる家計簿アプリです。

 

 

スマホ決済の普及や在宅にいる時間が増えたために、

キャッシュレス派になった人も多いのではないでしょうか。

 

 

結婚するまで私は現金派。

なぜなら「クレジットは把握できないから使いすぎる。」

と思っていたからです。

 

 

しかし、マネーフォワードを使用してからは

現金で管理することの方が難しくなり、

完全キャッシュレス派です。

(現金しか使用できないところをのぞいて)

 

 

キャッシュレスにすることで家計管理ができるようになりました。

 

 

その理由は家計簿アプリとの連携です。(マネーフォワードがおすすめ)

このお陰でストレスフリーの家計管理ができています。

 

 

連携できるものは銀行、モバイルPayアプリ等、様々です。(後述します)

 

 

 

マネーフォワードMEとキャッシュレスを組み合わせることで、

資産管理をストレスフリーにしてくれます!

なんせ勝手に記録してくれるから♪

 

 

 

自分の資産状況を知ることで、

将来の生活の不安を少しは減らすことができると思います。

 

 

マネーフォワードME の使い方は?

 

「マネーフォワード」の画像検索結果

 

使用する口座、クレジットカード、ポイントカード等を連携しましょう!

正直ずぼらさんにとってはここが一番面倒です。

ですがここさえ乗り切ればほぼ放置でいいので

無の気持ちで頑張りましょう!!

 

 

現金を使った場合は、レシート撮影で簡単に登録することができるので、

無理なく続けていくことができる家計簿となっています。

 

私はそれも面倒なので現金しか使えないところ以外は

キャッシュレス決済にしています。

 

 

一番ストレスフリーなポイントは

自分で全て把握し、作業することがないことです。

お金のことを考えない時間が増えると心にゆとりができます。

(個人的感想です。)

 

 

マネーフォワードMEを使うメリット

1、対応金融機関が2,600以上!

 

 

マネーフォワードMEは、自動連携できる金融機関が2,600以上あります!

対応金融機関一覧はこちら

これだけあれば、自分が使っているクレジットや銀行は網羅されているはずです。

 

ポイントサイトモッピーやPontaカード、

プチプラネットショップfifthも連携できます。

連結してしまえば自分の頭で考えること、作業することはほぼ皆無です。

 

 

これがずぼらな私でも家計管理できている理由です。

 

 

2、収支管理を1本化できる

 

 

連携対応金融機関が豊富なので、

ほぼこれひとつで家計管理が完結します。

 

Amazonでの購入も連携してくれるので

ネット決済、通帳引き落とし、クレジット利用以外の

現金管理のみ自分で行えばOKです。

 

 

現金管理もレシートを写真で撮るだけなので簡単ですよ♪

 

 

手間なく家計簿に記録されて、自分の資産も

まとめて確認できる手軽さが素晴らしいですよね!

 

3、無料版でも十分使える

デメリット・何に使ったのか忘れる

マネーフォワードMEのデメリットは、

キャッシュレス払いでの細かい記録ができないことです。

 

 

クレジットカードや電子マネーは、

連携させることで手入力で記録することなく、

家計簿をつけることができます。

 

 

しかし、使ったお店の表示ができなかったり、

カテゴリーが違って登録されることがあります。

 

 

そしてキャッシュレス決済の反映は後日になるため

カテゴリー修正したい時に何買ったか忘れることが多いです。

 

 

 

私の場合はどんぶり勘定なので全く問題ないですが、

きっちり記録したい方にはデメリットと言えるでしょう。

 

 

例えばこんな感じです。

カテゴリーを日用品→食費にしたいし、

何買ったかメモしたいと言う時に忘れやすいと言うことです。

 

 

ですが私は問題ないです。

重要なので何度も言います。笑

 

まとめ:家計の収支把握にはおすすめ!

今回は、マネーフォワードMEについてご紹介しました。

マネーフォワードMEを使う前の私の1番のストレスは

毎日お金と向き合わなければならないこと

お金のことばかり考えてるのに貯められないこと

 

やはりストレスが一番いけませんね!

ダイエットも家計も。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ストレスフリーな暮らしに役立つ情報を発信していきますので

今後ともよろしくお願いいたします♪